<   2010年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ポスト満州の映画、など

 四方田犬彦・晏妮編『ポスト満州映画論:日中映画往還』(人文書院、2010年)

 私が一応会員になっている、「中国文芸研究会」の「映画の会」というところでこの本が先日「書評対象」となって討議された。私も参加しようと思って、この本を読んでみた。以下、思ったことを簡単に。

 前世紀、日中の歴史はマクロにみればずいぶんひどいものだったが、ミクロにみれば、いろんな交流があって、日中の先人たちはそれなりにがんばってきたんだなあ、と思う。当時の日本を代表する(と言ってよいのだろう)映画評論家の岩崎昶は、中国の左翼的な映画を継続的に紹介してきたし、満映のスタッフの一部は敗戦後も中国に留まり映画技術を中国人に教え共同で映画を撮ってきた。あるいは大島渚は満州帰りの日本人の運命を象徴的に描くなど、彼なりに日本社会の外と内が抱える異物を問題化しようとしていた。

 中国側の人たちもまた、満州に残った日本人を、「孤児」としてであれ技術者としてであれ、受け入れてきた。日本映画についても、中国における映画の中心地であった上海で技術的にも人的にもいろいろな形で受け入れてきたし、戦後も1950年代後半までは日本映画祭を行うなど、日本映画を紹介していた。この辺のことは、編者晏妮氏の著作『戦時日中交渉史』(岩波書店、2010年)に詳しいようだが、取り寄せているところでまだ読んでいない。

 中国のことを日本にいて想像するとき、とりわけちょっときな臭い事件があった時には、日中の数多く先人たちが今日よりもはるかにひどい大状況にもかかわらず相互的な影響や協力関係をそれぞれの情熱を込めて重ねてきたことを思い起こすことはいいことではないかと思う。そして、今もまたそうした努力をしている人は、とくに日中間にあっては、きっとたくさんいらっしゃるのだろう。

 ところで、一番印象に残ったのは、四方田氏の引用している、「日本国家は『満州国』の葬式を出していない」という竹内好による1963年の言葉。私の祖父母も満州で結婚し家庭をもった人だ。そしてたしかに、彼らの満州・中国での経験は、エピソード的な断片以外に、孫の私に不思議なほど伝わっていない。

 だが、葬式とは何だろうか。人であれ物であれ、何かが亡くなった時、どのみち満足できるような葬式はだせない。それに、満州がとりわけ服喪が足りないというのではない。日本が統治し侵略したすべての地域の服喪はないがしろなもののままだし、そもそもそんな大きな歴史からこぼれ落ちる無数の死が私たちの世界には充ち満ちている。思うに、歴史家の使命とは、大きめの事件・現象について、少し時間をおいてから、細部を正し全体を総括することによって、ちゃんとした葬式をだす、ということなのだろう。それは取りこぼしのある、あるいは取りこぼされてしまうものを生み出す、終わりのない作業であり、多分に呪術的な行為であるのかもしれない。

 などと自由連想的にいろいろ考えたのであった。

 ついでと言っては何だが、最近読んだ映画の本で特別におもしろかったのは、山下博司・岡光信子『アジアのハリウッド:グローバリゼーションとインド映画』(東京堂出版、2010年)。現在世界一の製作本数と入場者数を誇るインド映画の、歴史・多様性・地域性など、インド映画について信じられないほど詳しく書いてある。そしてインド映画を通じてインド社会の断面が立ち上がってくるようにも書かれている。私のインドとインド映画についての知識がほとんど皆無であることもあるのだろうが、この本の情報量はとにかく圧倒的。
by kohkawata | 2010-12-05 13:09 | 現代中国の映画 | Comments(0)